「別荘に適した賃貸の探し方」

Three geishas walking on a street of Gion (Kyoto, Japan)
誰もが一度は憧れたことがある「別荘」ですが、今の生活もギリギリなのに別荘なんて夢のまた夢と諦めている人が多いのではないでしょうか。
別荘を購入しようとすれば、土地のお金がいりますし家も建てなければなりません。
憧れてはいるけれども、そこまで出せる費用は普通はありません。
しかし、今は別荘を賃貸する時代です。有名な別荘地だけではなく、スローライフを送ることができる田舎には一軒家を借りることもできます。
別荘に適した賃貸の探し方についてお伝えしていきます。

 

★まずは別荘の概念を切り替えよう

別荘は高い!手が届かない!という概念から、お得に賃貸することができることを知りましょう。
別荘としてネット検索してみると結構ヒットしますよ。
「あそこに住みたい!」という憧れの別荘地があるかもしれませんが、フラットに考えれば日本中に素敵な場所はたくさんあります。
旅行者や別荘の運営会社に相談をしてみてもいいでしょう。冷たい対応しかしないようなところは相手にしないくらいの割り切りが重要ですよ。

 

★保証金や管理費をチェックする

別荘として賃貸を借りるのに都市部にすることはないでしょう。
地方の田舎でゆっくりと、というのが別荘の魅力でもあります。
今自分が住んでいる地域の管理費や保証金に比べると格段に安いことに気付きます。
若くして一軒家を購入した人や、都会で少し高めの賃貸マンションに住んでいる人にとっては難しいかもしれませんが、旅行に行って旅館に泊まることを考えれば、月に3回くらい訪問しただけでかけた費用以上のメリットを感じることができますよ!

 

★安全と環境面を意識する

普通の別荘地の場合は、周りにも別荘が多く、治安も十分考えられているのですが、賃貸の別荘の場合は周りに一般の人が住んでいます。
そのため、別荘だと思っているのは自分だけということもあるのです。
田舎にあるからと言って周りには生活している人が住んでいることを知っておかなければなりません。
地方に行けば一軒家を賃貸することもできます。
静かなところで、仲間だけで騒ぎたいような場合は、家を1つ賃貸するものいいでしょう。
多くの人で利用する可能性がある場合は、複数の家族や友達と一緒に出し合うのも1つの方法です。
頻繁に誰かが訪問していれば安全面もキープできますし、何より費用を抑えることができます。
誰かが常に掃除をすることになりますから、綺麗な状態のままにしておくこともできるのです。

 

★ウィークリーマンションで色々な観光地で別荘生活

観光地のウィークリーマンションで住替えながら別荘生活を楽しめます。
気に入ったら延長しながら心いくまで連泊できます。
観光地のウィークリーマンション選びは全国をカバーして物件の豊富なここがオススメです。